ハピタスの換金方法とポイント・マイル交換

ハピタスの換金・ポイント交換方法

ハピタスで貯めたポイントは、現金やマイルなどに交換して初めて活きてきます。

本記事では、ハピタスで貯めたポイントの交換先や、現金に変える時の換金方法、現金以外の他社ポイントへの交換などについて解説を行います。

また、私なりのおすすめ交換先についても触れていきたいと思います。

ハピタスを始めた頃は貯めることに一生懸命で、貯めたポイントを交換するところまで気が回らないかもしれません。

しかし、貯めたポイントをどう使えるのかは非常に重要なところですので、しっかりおさえておきましょう。

他のみんなは貯めたポイントを何に交換しているか

ポイントサイトで獲得したポイントの交換先
出典:消費者庁
ポイントサイトで獲得したポイントの交換先

ポイントサイトの活用方法としては「お小遣い稼ぎ」や「節約」という目的を持っている人が多いので、もっとも多い交換先は現金、次いで電子マネーになっています。

ハピタスを利用している人たちも、多くは現金や電子マネーに交換していると思われます

その後に続く「他のポイントと交換」は最終的な交換先がANAやJALのマイルであることが多いので、その次の「航空マイレージと交換」とあわせてマイル交換が多いようです。

このあたりは大きく2つの流れに分かれてきます。

  • ポイントサイトの利用目的がお小遣い稼ぎの人
  • ポイントサイトの利用目的がマイルを貯める人

お小遣い目的に関しては言うまでもありません。

ちょっとした副収入としてポイントサイトで月数万円でも稼げれば生活が豊かになってきますからね。

マイルについては、マイルを貯める方法として一番効果的で効率がいいのがポイントサイトの利用ですので、マイルを貯めたいと思った人が行き着く先もポイントサイトになります。

目的が何であれポイントをたくさん貯めたいという気持ちは一緒ですね

ハピタスポイントの有効期限について

ハピタスで貯めたハピタスポイントには有効期限がありません。

厳密に言うと1年間ログインしないとアカウントが失効してしまい、貯めたポイントは使用できなくなりますが、ログインさえしていればポイントの有効期限は無期限となります。

これも実は当たり前のように見えてそうではありません。

他のポイントサイトでもポイントの有効期限としているところが多いのですが、実はちょっと条件が付きます。

一例ですが、

獲得されたポイントの有効期限は無期限となります。
ただし、退会された場合や、180日間スポンサー企業が提供するサービスのご利用が
一度も行われなかった場合はポイントは失効します。

出典:げん玉ヘルプセンター

有効期限はございません。
ただし、「利用規約第16条」にもございます通り、最後にポイント獲得した日から180日が経過した場合には、ポイントの失効となりますのでご注意ください。

出典:モッピー ヘルプ

上記の「げん玉」や「モッピー」もハピタスと並ぶ人気のポイントサイトですが、有効期限については但し書きがついています。

ポイントサイト内で広告などを利用し、ポイントの獲得を行わないと180日でポイントが失効してしまいます。

つまり本当にポイントを無期限にするためには条件がついてくることが一般的です。

一方、ハピタスの有効期限に関する記載は以下のとおりです。

ハピタスのポイントに有効期限はありません。

ただし、最後のハピタスご利用(ログインした状態)から12ヶ月間ログインをされなかった場合は、ハピタスのアカウント(会員登録)自体が失効し、ポイントを使用できなくなりますので、ご注意ください。

出典:ハピタス よくあるご質問

同じように但し書きがついていますが、ハピタスの場合は12ヶ月のログインのみが規定されています。

つまり、何かしらの事情があってハピタス上でポイントを貯めることが出来ない時期があっても、ログインさえしていればポイントは継続されます。

これはハピタスでポイントを貯める上での大きなメリットのなりますね。

無期限であることの必要性があるか?という議論もありますが、心の安心感は大きいですよね

換金手数料・交換手数料

ハピタスでポイントを貯める大きなメリットの一つとして「交換手数料が一切発生しない」というのが強みです。

これは他社ポイントや電子マネーに交換する際はもちろんのことですが、

ハピタスでは金融機関へ現金を振り込んで現金化する際の振込手数料も発生しない

というのが最大のポイントです。

これ、一見すると普通のことのように思えてしまうかもしれませんが、銀行振込する際、銀行側は必ず手数料を徴収します。

つまりこれは、単に手数料無料化ということだけでなく、振込時に発生する振込手数料をハピタス側が負担してくれているということになります。

実際に他のポイントサイトでは振込手数料や交換手数料が発生することは珍しくありません。

モッピーの交換手数料

これはハピタスとは別のポイントサイトの交換画面です。

しっかり「交換手数料」が書かれているのが見えますね。

これはこのポイントサイトが手数料を徴収するのが悪いのではなく普通のことなのです。

誰でも銀行振り込みする際は振込手数料が発生するのが当たり前ですからね。

1円たりとも無駄にならないハピタスの換金システムがあれば安心してポイントを貯めることができますね

換金・交換先一覧

ハピタスで貯めたポイントは1ポイントが1円の分かりやすい交換レートで、現金やギフト券、電子マネーに交換できます。

交換先最低交換Pt交換単位
保護犬猫ポイント支援n1pt1pt
ポレット(Pollet)1pt1pt
Amazonギフト券490pt490pt
dポイント300pt1pt
PayPayボーナス300pt1pt
楽天ポイント390pt130pt
App Store & iTunesコード500pt500pt
Google Playギフトコード490pt490pt
Gポイントギフト300pt1pt
QUOカードPay300pt1pt
JALマイレージバンク3000pt2000pt
nanacoギフト500pt500pt
楽天Edy500pt100pt
ハピタスアウトレット1pt1pt
ビットコイン300pt100pt
リアルエステートコイン1000pt1pt
WebMoney300pt300pt
Bit Cash300pt300pt
PeXポイント300pt300pt
NetMile500pt500pt
ドットマネーギフトコード300pt100pt
各種銀行/信用金庫/
ゆうちょ銀行
300pt100pt
JALマイルへの交換開始
2021年4月からJALマイルへ直接交換ができるようになりました!
JALを貯めている陸マイラーの人には朗報ですね。

それぞれの交換レートについては次の章で個別に解説します。

金融機関への振り込み
都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫・農協など、金融機関コード(全銀協コード)が付与された各種金融機関への振り込みが可能です。

多くの人が利用する銀行振込による現金化も、全ての金融機関が対象で幅広くなっています。

何より1ポイント1円という等価交換で、しかも300ポイントから交換できるのは嬉しいところです。

ギフトコードも、Amazonギフト券、Google Playギフトコード、App Store&iTuneコードなど主要なところは網羅しています。

また、厳密にはポイント交換ではありませんが、最近「保護犬猫ポイント支援」がはじまりました。

保護犬猫ポイント支援

すでに1,000件以上の支援が行われていて、多くの人が貯めたポイントを自分のためだけでなく、社会貢献に役立てようとしています。

そういう取り組みを支援しているハピタスも素敵ですし、それに賛同してポイントを寄付している1000人以上の方も素敵ですね。

我が家でも犬を飼っているのでひとごととは思えませんね

交換レート

各交換先への交換レートは以下の通りです。

交換先交換レート
ポレット(Pollet)1pt 1円 + 0.5%
Amazonギフト券490pt 500円分
dポイント300pt 300ポイント
PayPayボーナス300pt 300円相当
楽天ポイント130pt 100ポイント
App Store & iTunesコード500pt 500円分
Google Playギフトコード490pt 500円分
Gポイントギフト300pt 300G
QUOカードPay300pt 345円分
JALマイレージバンク2pt 1マイル
nanacoギフト500pt 500円分
楽天Edy500pt 500円分
ハピタスアウトレット1pt 1円分
ビットコイン※ビットコインの販売価格は常に変動しています。
リアルエステートコイン1000pt 1000コイン
WebMoney300pt 300ポイント
Bit Cash300pt 300クレジット
PeXポイント300pt 3,000ポイント
NetMile500pt 500mile
ドットマネーギフトコード100pt 100マネー
各種銀行/信用金庫/
ゆうちょ銀行
300pt 300円

基本的には全て1ポイントが1円扱いですが、Amazonギフト券やGoogle Playギフトコードなどは2%増量されて、490ポイントで500円分に交換することが出来ます。

また、キャンペーンなどによってこの交換率が大きく優遇されることもあります。

交換できるBTCの目安
ビットコインは常に変動しているので、交換時のレートによります。一応目安としては100ポイント=0.00002367ビットコインです。
ANAマイルを貯めている人が利用するのは「ドットマネー」への交換ですね

交換日数

交換日数は以下のものを除いて、基本は「交換申請の翌日より三営業日以内」となっています。営業日とは土日祝祭日を除いた、月曜日~金曜日です。

交換日数の例外
  • JALマイル(約25営業日以内)
  • ハピタスアウトレット(即時)
  • ビットコイン(最長15分)
  • リアルエステートコイン(最長30分)

基本的な交換サイクルは以下の図の通りです。

私もこれまでに何度もポイント交換を行ってきていますが、だいたい申請した1~2日後には交換が完了しています。

交換完了までに3日も要したことは、ほとんど記憶にありませんので安心して交換手続きしていただけると思います。

注意点
交換申請日が土日祝祭日であった場合は、翌営業日の申請分として手続きが行われます

交換上限

ハピタスではポレット(Pollet)とハピタスアウトレットを除き、月の交換上限が30,000ポイントになっています。

ポレット(Pollet)は別枠で月に30万ポイント(=30万円分)までチャージすることが出来ます

つまりポレットを活用すると、月の交換上限は33万ポイント(33万円相当)になります。

ポレットの特徴

月に30万ポイント以上も貯めるのは大変ですが、ポレットカードはコンビニなどでも日常的に使用できるので、ハピタスで貯めたポイントの用途が大きく拡がります。

また、ハピタスアウトレットでポイント決済を行う場合の制限はありませんので、うまく活用できるといいですね。

ハピタスアウトレット

具体的な換金・ポイント交換方法

ハピタスサイト上の右上に「ポイント交換」というメニューがあり、そこをクリックするとポイント交換ページに移動します。

ハピタスのポイント交換メニュー

この記事でも解説している最低交換ポイントや交換単位などもそれぞれ表示されているので、確認しながら希望の交換先を選びましょう。

ドットマネーに交換する場合

交換先から「ドットマネーギフトコード」を選択し「交換申込み」ボタンをクリックします。

ハピタスからドットマネー交換画面

秘密の質問

交換先でドットマネーを選択すると、秘密の質問が表示されます。回答内容を入力して「回答する」ボタンをクリックします。

ポイント交換時の認証画面

入力間違いに注意
秘密の質問の回答を3回間違えると翌日まで交換ができなくなります。

交換額の選択

氏名と交換額を入力します。ハピタスで初めて交換するときのみ氏名を聞かれますが、2回目以降は初回に入力した内容が表示されていますので、交換額だけ設定すれば大丈夫です。

ポイント交換額の設定画面

確認画面

ここまでに選択、入力した内容が表示されていますので、内容を確認し、問題なければ「本人確認のためパスワードを入力してください」欄にパスワードを入力し「交換する」ボタンをクリックで完了です。

ポイント交換確認画面

メールの確認

3営業日以内に交換完了のメールが届きます。ハピタスサイト上のメッセージでも確認できますが、メールにドッドマネーギフトコードを入手するためのURLが記載されていますので、確認を忘れないようにしましょう。

金融機関に交換する場合

交換先から「各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行」を選択し「交換申込み」ボタンをクリックします。

ハピタスから金融機関への交換画面

秘密の質問

秘密の質問が表示されます。回答内容を入力して「回答する」ボタンをクリックします。

ポイント交換時の認証画面

振込先金融機関の選択

「よく利用されている銀行」の中から該当の金融機関を選択するか、「50音順検索」のところから希望の金融機関の頭文字をクリックします。

「50音順検索」で金融機関の頭文字をクリックした場合は、金融機関名が一覧表示されるので、該当の金融機関を選択します。

金融機関選択画面

支店名の選択

支店名選択画面

支店名も「50音順検索」になります。

該当する支店名称の頭文字をクリックして、表示された支店一覧から、該当の支店を選択します。

支店名確定画面

支店名の検索
ゆうちょ銀行などで支店名が「一〇八」などの場合、頭文字が「一」であれば「い」で検索しましょう

口座番号の入力と交換額の選択

口座番号入力画面

選択した、振込先金融機関名称と支店名称が表示されていますので、その内容に間違いがないか確認しつつ、口座番号を入力し、交換額を選択します。

口座番号の入力
口座番号は半角の数字7桁で入力しましょう

確認画面及び完了

ポイント交換時の確認画面

ここまでに選択、入力した内容が表示されていますので、その内容を確認し、問題なければ「本人確認のためパスワードを入力してください」欄にパスワードを入力し「交換する」ボタンをクリックで完了です。

おすすめの交換先はANAマイル

ハピタスで貯めたポイントは現金にしたり、電子マネーなどに交換することが出来ますが、やはりいちばんのおすすめはマイルへの交換です。

個人的にはJALよりはANAの方がマイルが貯めやすくておすすめです。

ANAマイル

記事内でも説明したとおり、ハピタスのポイントは1ポイントが1円の扱いです。

1万ポイント貯めればそれが1万円の現金や電子マネーに交換できます。

もし、ハピタスの1万ポイントをANAマイルに交換すると7,500マイルになります。

ハピタスからANAマイルに交換

「ちょっと減ってるじゃないか!?」と思うかもしれませんが、一般的なマイルの価値は1マイルが2円ですのでむしろ資産価値としては増えています

しかもマイルの価値が2円というのは、あくまでも一般論であって、実際にマイルを使う場合は1マイルの価値が10円を超えることも多々あります

100円の価値が5倍

関連記事

世間一般では1マイルの価値は2円であると言われています。Tポイントや楽天スーパーポイントなどの共通ポイントは1ポイントを1円分として使用することができます。では、航空会社が提供しているマイレージサービスで[…]

ANAマイルへの交換方法

ただ、ハピタスからの交換先にANAマイルは存在していません。JALマイルはあるんですけどね。

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するには、先ほど交換手順で説明したドットマネーを使います。

ANAマイルまでの道のりは以下のとおりです。

TOKYUルート

途中で一度TOKYU POINTに交換することから「TOKYUルート」などと呼ばれている交換ルートです。

JALなら1回で交換できるのに、なぜANAマイルの方をおすすめするかというと、ハピタスポイントからJALマイルへの交換は交換率が50%です。

これは別にハピタスだけ条件が悪いわけではなく、先述した1マイルの価値が2円ということに基づいていますので、どのポイントサイトを利用していても同じです。

ハピタスからJALマイルに交換

それがANAマイルであれば75%の交換率でマイルに交換できるので、単純計算でANAマイルのほうが1.5倍貯まりやすいことになります。

ANAマイルへ交換する「TOKYU ルート」については、以下の記事で詳しく交換手順を解説していますので、よろしければご参照ください。

あわせて読みたい

TOKYUルートとは、ポイントサイトで貯めたポイントを75%の交換率でANAマイルに交換できる、現状で最高倍率を誇る交換ルートのことです。各種ポイントサイトから「ドットマネー」と「TOKYU POINT」を経由し、交換を[…]

マイル交換キャンペーンも活用しよう

ハピタスからANAマイルやJALマイルへの交換に関しては、頻繁にキャンペーンが開催されます。

JALマイルキャンペーン

例えばJALマイル交換キャンペーンですと、交換率が通常50%のところ最大80%になったりします。

同様にANAマイルの交換キャンペーンもハピタス上で行われることが多く、なんと最大交換率が実質93.75%にもなります!

こういうキャンペーンも活用してハピタスのポイントをマイルに交換することで、1ポイントが1円だった価値をさらに高めることが出来ます。

現金より電子マネーよりマイルの方が価値が高いために、マイルへの交換でハピタスで貯めたポイントがさらに有効活用できるわけです。

現金に交換して日常でのお小遣い目的でポイントを貯めるのもいいのですが、マイルを貯めてビジネスクラスでハワイ旅行なんていう非日常のためにポイントを貯めるのもいいのではないでしょうか。

私は最優先でANAマイルに交換して、残ったポイントをポレットにチャージしています

ハピタスの換金・ポイント交換方法まとめ

ANAマイルへの交換だけ「TOKYUルート」というちょっと厄介な交換方法になりますが、それ以外のJALマイルや現金、電子マネーなどへの交換は簡単な手順で交換することができます。

慣れてしまえば2~3分でポイント交換が完了しますのでとてもお手軽です

私は毎月上限の3万ポイントずつANAマイルに交換しています。

ハピタス経由だけで年間27万マイルが貯まります。

ハワイで獲得マイル

飛行機を使ってハワイに行くと片道で2,106マイル、往復で4,212マイルが貯まります。

年間27万マイルというのは、年間で65回もハワイを往復した時にもらえるマイルと同等です。

ちなみにマイルを使ってハワイに行くと、ビジネスクラスを使っても一人65,000マイルです。

年間27万マイルというのは、家族4人でビジネスクラスを使ってハワイ旅行に行けるマイルに相当します。

夫婦2人で行くならファーストクラスを使ってハワイに行くことができます。

ハピタスってすごくないですか?

もちろん、ポイントを交換するためには元となるポイントを貯める必要があります。

その点ハピタスはポイント還元率業界No1をうたっているポイントサイトですから、ポイントを貯めることには苦労しないでしょう。

もしあなたが、さぁこれからハピタスでポイントを貯めてやろう!と思っているステージでしたら、以下の記事も参考になるかと思います。

おすすめ記事

ハピタスでの稼ぎ方の基本を押さえれば、毎月2万ポイントを稼ぐのも難しくはありません。本記事では、ハピタスを使い始めて少し慣れてきた人向けに、毎月2万ポイントの確実な稼ぎ方について解説しています。2万ポイント、つまり金[…]

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

>

ハピタスで毎月3万稼いでANAマイルを貯めよう!

普段のお買い物やサービスの申し込みをハピタス経由にするだけでいつものポイントに加えてハピタスポイントが貯まるポイントサイト
業界最高水準の還元率を誇り、安心の保証制度も充実しています。

当サイトサイト経由で申し込みすることでボーナスポイントが獲得できます。

CTR IMG