改善?改悪?ハピタスの会員ランク制度がリニューアル

ハピタス会員ランクリニューアル

ハピタスで2021年9月から、会員制度が従来の仕組みから変更されるようです。

ポイントサイトの中で会員ランク制度を設けているところは決して多くはありません。

そんな会員ランク制度を設けているハピタスの今後の会員ランク制度がどのようなものになるのか紐解いていきましょう。

結論から言うと今回のリニューアルは「改悪」だと捉えて間違いないでしょう。

ハピタスとは

従来より会員ランク制度を採用しているハピタスは、他のポイントサイトと比較してポイント還元率の高さと広告案件の多さが魅力のポイントサイトです。

会員数が320万人を超えているので、ハピタスでポイ活している人も多いでしょう。

そんなハピタスから発表のあった会員ランク制度について、従来までのランク制度と新しいランク制度を比較しながら、我々利用者にとってのメリット・デメリットを解説していきます。

ハピタスの従来までのランク制度

ハピタスのマイページでランクを確認

これまでもハピタスにはランク制度があり、特定条件を満たすとボーナスポイントを獲得することが出来ました。

一般からゴールドまで4段階あり、ランクによってその月に稼いだポイントにボーナスが付く仕組みです。

ランクボーナス還元率
ゴールド2.0%
シルバー1.0%
ブロンズ0.0%
一般0.0%

ランク制度のメリット

例えばあなたが「ゴールドランク」の状態で、ハピタス上で今月10,000ポイントを稼いだとします。

するとそこに2%のボーナス、ポイントで言うと200ポイントのボーナスが付き、それが翌月にポイントとして付与されます

ランクの昇格条件が、ざっくり言うとたくさんハピタスを使うことですので、ハピタスを使えば使うほどボーナスが付いて稼げるポイントが増える仕組みです。

そもそも、こういう制度を採用しているポイントサイトは少なく、利用者を優遇してくれる仕組みがあるのはハピタスの素晴らしいところではないでしょうか。

ランク制度のデメリット

ところが2%というボーナス率は決して高くはありませんよね。

「ポイントタウン」というポイントサイトの紹介記事でも触れていますが、ポイントタウンだと最上位で15%ものボーナスがもらえます。

ランクハピタスポイントタウン
プラチナ15%
ゴールド2%10%
シルバー1%5%
ブロンズ0%0%

また、同じランクでもハピタスと比較すると、ポイントタウンの方がランクを上げやすいです。

ランクアップ条件ハピタスポイントタウン
プラチナ広告利用12回以上、または、
獲得ポイント3,000ポイント以上
ゴールド広告利用20回以上、または、
獲得ポイント10,000ポイント以上
広告利用6回以上、または、
獲得ポイント1,500ポイント以上
シルバー広告利用5回以上、または、
獲得ポイント25,000ポイント以上
広告利用3回以上、または、
獲得ポイント500ポイント以上
ブロンズ広告利用1回以上、または、
獲得ポイント1ポイント以上
広告利用1回以上

あくまでポイントタウンとの比較ですが、ハピタスはランクも上げにくく獲得できるボーナスも少ないということになります。

ただ、ハピタスは元々の広告案件の還元率が高いので、それにプラスして2%もらえるだけでも大きいんですけどね。

関連記事

ハピタスやモッピーなどと並ぶ、ポイントサイト業界最大手の「ポイントタウン」。これからポイ活を始めようとポイントサイトを比較検討している人には気になるポイントサイトではないでしょうか?本記事では、実際にネット上の口コミ[…]

ポイントタウンの安全性の検証と口コミから分かる稼ぎ方

ハピタスの新しいランク制度

それでは、ハピタスの会員ランク制度がリニューアルされることで、どのように変わるのかを見ていきましょう。

ランク昇格の条件

大きな違いは、昇格対象となる広告利用が「過去6ヶ月」から「過去12ヶ月」となり、対象期間が伸びたことです。

ハピタスの旧来のランク昇格条件

もう一つは、これまでは「獲得ポイント数または広告利用回数」だったものが、「獲得ポイント数+広告利用件数」に変わっています。

ランクアップ条件旧制度
(過去6ヶ月が対象)
新制度
(過去12ヶ月が対象)
ゴールド広告利用20回以上、または、
獲得ポイント10,000ポイント以上
広告利用12件以上、及び
獲得ポイント5,000ポイント以上
シルバー広告利用5回以上、または、
獲得ポイント25,000ポイント以上
広告利用8件以上、及び
獲得ポイント3,000ポイント以上
ブロンズ広告利用1回以上、または、
獲得ポイント1ポイント以上
広告利用4件以上、及び
獲得ポイント1,000ポイント以上

新旧の数値を見比べてみると、ブロンズランクの条件が厳しくなったものの、ゴールドランクへの昇格条件はゆるくなったように見えます。

ただし、やはり「広告利用回数」から「広告利用件数」になったことが一番大きい変化でしょう。

同一広告を複数回ご利用された場合、「利用した広告の件数」には1件としてカウントされますので、ご注意ください

引用:ハピタス よくあるご質問

つまり、楽天でお買い物をたくさんして5,000ポイント以上稼いだとしても、利用件数としては1件としかカウントされません

ゴールドになるためには1年間で12件の「違う」種類の広告案件を利用して5,000ポイント稼ぐ必要があります

利用できる広告案件数の多いハピタスでなら、年間で12件程度の広告利用はそれほど難しいことでありませんが、従来よりはゴールドランクに昇格しにくくなったのは事実でしょう。

例えば、楽天で1,000円のお買い物を20回すればゴールドランク、というのが従来の条件です。

しかし、これを新制度に当てはめると「広告利用件数1件、及び200ポイント獲得」ということになりますので、ブロンズランクになることもできないわけです。

ランクによって得られる特典

ランクが上がることで受けられる恩恵、特典もリニューアルによって変わるようです。

ランク旧制度新制度
ゴールド今月獲得した総ポイントの
2%分のボーナスポイント付与
ポイント交換時に
3~5%のボーナスポイント付与
シルバー今月獲得した総ポイントの
1%分のボーナスポイント付与
ポイント交換時に
1~3%のボーナスポイント付与5%
ブロンズなしポイント交換時に
0.3~1%のボーナスポイント付与0%

よくよく考えたら、これまではブロンズランクには何も特典がなかったんですよね。

新制度ではブロンズランクへの昇格条件が厳しくなったのにあわせて、特典がもらえるようになりました。

大きな変更点は「獲得したポイントにボーナスが付く」から「交換したポイントにボーナスが付く」に変わったことです

新制度では交換先ごとにボーナス率が異なっており、少し複雑な仕組みになっています。

ランク別ボーナスポイント率
交換先ゴールドシルバーブロンズ
Amazonギフト券5%3%1%
PayPay5%3%1%
JALマイル5%3%1%
QUOカード5%3%1%
ドットマネー4%2%0.5%
dポイント4%2%0.5%
Gポイント4%2%0.5%
Pollet4%2%0.5%
PeX3%2%0.3%
楽天Edy3%2%0.3%
nanacoギフト3%2%0.3%
ビットコイン3%2%0.3%
楽天ポイント3%2%0.3%
App Store & iTune3%2%0.3%
Google Play3%2%0.3%
リアルエストテートコイン3%2%0.3%
ハピタスアウトレット3%2%0.3%
Webmoney3%2%0.3%
Bit Cash3%2%0.3%
NetMile3%2%0.3%
ハピタスゲーム3%2%0.3%

なかなかに複雑な仕組みですね。

以前にもハピタスは制度を複雑化した後、利用者に受け入れてもらえず元に戻した経緯がありましたが、今回はどうでしょう。

これまでは稼いだポイントに一律2%だったものが、今後は交換先によって数値が変わってしまいます。

もうひとつの特典として、ゴールド会員であれば「お買い物あんしん保証」に優先的に対応してくれるようになるようです。

この保証制度はすごくいいのですが、せっかくの保証制度なので、ここは差別なく対応してもらいたいと言うのが本音ですかね。

新しいランク制度に関するQ&A

ハピタスのサイト上にあったQ&Aをいくつか紹介したいと思います。

新しい会員ランクはどうやって確認するの?

現状のランク制度と同様にマイページで確認するのが基本になります。

ただし、パソコン版の場合はマイページではなく、なぜか通帳ページからの確認になるようです。

8月分のランクボーナス(9月付与)はもらえるの?

もしあなたがゴールドランクでしたら、8月中に稼いだポイントの2%が9月にボーナスポイントとして付与されます。

しかし、9月以降に新しいランク制度でのボーナス付与に変わりますので、8月分のボーナスポイントはなくなるようです

これはちょっと残念ですね。

新しいランク制度の注意事項

これまでの、「広告利用回数」から「広告利用件数」への変更に伴っていくつか注意事項もあります。

それぞれハピタスサイト上に記載されているものを引用しておきます。

会員ランク昇格条件について

  • 同一の広告を複数回ご利用された場合、「ショップ・サービス利用件数」には1件としてカウントされます。
  • モニターについては、異なるモニターを複数回ご利用された場合、「ショップ・サービス利用件数」には1件としてカウントされます。
  • 広告を利用して有効になったもののみがランク昇格条件の対象です。以下の利用は対象外となります。
    「アンケートひろば」「ハピタス検定」「スタンプラリー」「ハピタス宝くじ」「クリックdeゲット」「メルマガdeゲット」「買取deポイント」その他各種キャンペーンで獲得されたボーナスポイントなど
  • 昇格は、1日に1回の頻度で集計の上、条件を達成された翌日中に反映されます。
  • 降格は、毎月末日に集計の上、毎月1日に反映されます。

引用:ハピタス よくあるご質問

会員ランク特典について

  • ポイント交換時のボーナスポイントは、ハピタスポイントで付与されます。
  • 「現金」「募金」へのポイント交換は、ポイント交換時のボーナスポイントの対象外です。
  • ポイント交換時のボーナスポイントは、交換完了日の翌日に付与されます。
  • ポイント交換時のボーナスポイントは、各交換先で個別に提供されているキャンペーン特典や増量特典とは別に付与されます。
  • ポイント交換時のボーナスポイントは、ポイント交換申請時点の会員ランクとそれに紐づくボーナスポイント率に基づいて決定されます。交換申請から交換完了までは1〜3営業日かかりますが、その間にランクに変更があった場合でも、申請時のランクに応じてボーナスポイントが付与されます。
  • ポイント交換時のボーナスポイントは、ポイント交換申請されたハピタスポイント額にボーナスポイント率を掛け合わせて算出の上、付与されます。
  • お買い物あんしん保証の優先対応は、お買い物あんしん保証申請時点でゴールドランクの方が対象となります。申請から対応完了までの間に降格した場合でも、申請時のランクがゴールドであれば優先対応となりますので、ご安心ください。

引用:ハピタス よくあるご質問

新しいランク制度は改善なの?改悪なの?

さて、ここまで変更点を見てきて、従来ゴールドランクのボーナス率が2%だったものが3~5%になっているので、一見これは改善されたランク制度にも見えなくはありません。

しかし、内容をよくよく紐解いて見ると分かりますが、

新しい制度に伴いランク制度は改悪されました。

と、断言して間違いないでしょう。

理由は2つです。

  • 広告利用回数から利用件数に変わったことで昇格条件が厳しくなった
  • ボーナス付与のタイミングがポイント獲得時点から交換時点に変わった

まずこれまでは同じ種類の広告、たとえば楽天だけを数多く利用していればよかったものが、これからは12種類の広告を利用しないとゴールドランクにはなれなくなります。

また、これまでは、ポイントを獲得するだけでボーナスが付与されていました。

しかし今後はポイントを獲得した上で交換しないとボーナスが付与されません

つまり、ポイントを稼いで貯めておくだけでは永遠にボーナスが付かないということです。

一方で、会員ランクが下がった月は交換を行わず、会員ランクが上がった月にまとめて交換することで、上位ランクの恩恵は受けやすくなっています。

しかし、ハピタスには月3万円という交換上限がありますので、そういう運用も難しいかもしれません。

また、注意事項に記載がありますが「現金」への交換にはボーナスポイントが付きません

つまりハピタスをお小遣い目的で利用し、貯まったポイントを現金に替えている人には一切ボーナスが付かなくなっています。

トータルで見ると、9月以降はハピタス側がボーナスポイントとして払い出す総数は大きく減るでしょう。

運営側にとっては都合のいい制度変更、それは利用者側にとっては改悪につながるのではないでしょうか。

まぁただ、元々2%程度のボーナスポイントしかなく、それほど期待されていたポイントではありませんでした。

そういう意味では利用者からの反感も出にくい部分ですので、手を付けやすかったのかもしれません。

今回の改悪による利用者への影響は軽微である。

ハピタス運営側としてはこういう判断なのではないでしょうか。

ほとんどのポイントサイトでは、そもそも会員ランク制度すらありませんので、少しでもボーナスポイントを付けてもらえるハピタスはまだ良い方なのかもしれません。

ここから登録でボーナスポイント獲得 !!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

>

ハピタスで毎月3万稼いでANAマイルを貯めよう!

普段のお買い物やサービスの申し込みをハピタス経由にするだけでいつものポイントに加えてハピタスポイントが貯まるポイントサイト
業界最高水準の還元率を誇り、安心の保証制度も充実しています。

当サイトサイト経由で申し込みすることでボーナスポイントが獲得できます。

CTR IMG